通学と合宿免許の違い

Pocket

普通自動車免許取得に際し、教習所に通う人が多く主流です。教習所は全国各地にあり自宅や職場から通いやすい場所を選んで通っている人が大半ですね。教習所では通学のケースが主となっているのですが、昨今あらたに合宿
プランでの免許取得ができることを宣伝としている教習所があり、需要が増えそれとともに人気も上昇しています。

通学と合宿の違いはその名の通りで、必要な講習の受講を少しずつ受けるのか、決められた期間内で集中して受けるのかの違いです。通学タイプは自分主体である程度スケジュールでき、1ヶ月半~半年かけて必要単位数をこなしていきます。一方の合宿は教習所主体です。合宿免許では教習所が予め指定した期間(約2週間)、朝から晩までみっちりと講習が用意され、受講側はそれをこなしていきます。学科・技能それぞれ必要な単位数は決められていますので、費用面で差が出るもののどちらかがだけが、楽だとか少ない講習ですむ、なんてことはありません。

ただしどこの教習所でも合宿タイプを開催しているわけではありません。合宿タイプをするメリットとしては、生徒の集客です。便利がよくて通い場所では合宿にする必要もなく(かえって経費がかかってしまいますからね)、開催場所の多くは、郊外であったり、少々アクセスの悪い田舎の教習所な場合がほとんどです。自然に囲まれた場所、敷地が広い場所などでないと、生徒もはるばる足を運ぶ意味がありませんからね。通学と合宿免許の違い、ご自身の目的などに併せて選択してください。